アトピーの起こるメカニズム

投稿者:webmaster
投稿日:

肌に不快なかゆみを生じるだけでなく酷い炎症も引き起こし、日常生活が困難になることもあるアトピーは、軽視できない病気です。
幼い頃から症状を繰り返すこともあれば、成長してから突然アトピーになってしまう人もおり、まったく無縁のままという人もいます。
アトピーが起きる起きないを左右する理由は何なのでしょう。
引き起こされてしまうメカニズムはいったい、どのようなものなのでしょうか。

・アトピーは免疫システムの過剰反応

アトピーはアレルギーを引き起こすアレルゲン物質が体内に入り込むことで引き起こされる症状です。
身体が受け付けない何らかの物質が体内に侵入すると、免疫システムがアレルゲンを退治しようと攻撃を開始します。花粉の時期に外出したり、部屋の掃除で埃にまみれてしまったりして、鼻水やくしゃみが止まらなくなってしまうのも、免疫システムが体を守ろうとした結果です。
アトピーもそれらと同じように、アレルゲンを受け付けない身体側が拒否反応を引き起こしているわけで、アレルゲン物質そのものが身体を攻撃してかゆみや炎症が起きているわけではありません。
免疫システムによる反応は体を守るために不可欠な存在です。
では、アトピーで苦しむことは仕方がないことなのかといえば、そういうことでもありません。
アトピーは身体を守るはずの免疫システムに問題が生じて、過剰反応を起こしてしいる状態にあるのです。すると、免疫システムは無害であるはずの物質に対しても攻撃的となり、微量のアレルゲンに対しても大げさに反応してしまいます。
たとえば、卵や小麦です。これらは一般的に口にされるものですが、アレルギーとして免疫システムが反応してしまうので受け付けられない人もいます。
アレルゲン物質が身体に侵入すると結果的に様々な症状が引き起こされ、肌のかゆみや炎症もその一つです。

・アトピーで肌がかゆくなる理由

アトピーになるとどうして肌がかゆくなったり、炎症を引き起こすのでしょうか。
実はこのメカニズムについて、医学的にはっきりと解明はされていません。
ですが、皮膚のバリア機能の低下、免疫システムの過剰反応の2つの原因の結果として引き起こされると考えられており、治療もこの2つの原因を防ぐことで行われています。
健康な皮膚は体外から付着する異物に対する保護力を持っています。
ところが保湿成分が不足して角質が乾燥した不健康な皮膚となると、異物が侵入しやすくなってしまいます。
異物が侵入すると免疫システムが攻撃を開始しますが、過剰反応を起こしてしまうと、かゆみや炎症を引き起こしてしまいます。肌に何らかの影響があらわれてしまうのは、アレルゲンを身体から追い出そうとする抵抗によるものですが、過剰反応なのでかゆみも炎症も酷くなってしまうというわけです。
また、肌のかゆみはホルモン物質の一種であるヒスタミンを摂取すると引き起こされやすくなるとされています。ヒスタミンは人間の体内で作られることもあれば、日常の食事からも摂取してしまいやすい物質です。
このヒスタミンを大量に摂取して、ヒスタミン受容体タンパク質と結びつくことでも、肌にかゆみなどの異常があらわれます。

・どんな人がアトピーになりやすいのか

アトピーが起きやすい人は、もともと体質的にたくさんのアレルギーを持ってしまっている人や、家族の中にアレルギー体質の方がいて遺伝している人があげられます。
幼い頃からずっとアトピーという人もいれば、突然発症することもあります。
100%アトピーを防ぐ方法は現段階ではありません。
いかにアトピーにならないようにするか、アトピーが起きたらどう症状を抑えていくかが大切です。
アトピーは普通の日常生活の中でも簡単に悪化してしまいます。
外気の状態はアトピーのかゆみと大きく関係しており、空気の乾燥や気温の上昇に敏感に反応してしまいます。
空気の乾燥が酷い季節は皮膚のバリア機能を低下させ、気温が高く汗をたくさんかくと肌が不衛生となりかゆみを増大させてしまいます。ストレスとの関係性も強いとされ、過労や寝不足、食生活の乱れ、運動不足など、悪習慣もかゆみを起こしやすくします。アレルゲンを口にしたり肌に触れさせたりするのはもちろん、かゆみを引き起こすホルモン物質のヒスタミンを多く含む食品を摂取し過ぎることも悪化原因となります。