ステロイドは本当に良くないの?

投稿者:webmaster
投稿日:

ステロイドはアトピー治療には欠かせない治療薬であると思う方は多いことでしょう。
確かにアトピー症状の激しい炎症を抑える治療薬としてステロイドは大変有効な治療薬ではありますが、一方でステロイドの持つデメリットを考えれば使用は極力避けるべきではないかと心配する方もいます。
それでも、現在でも代表的なアトピー治療薬として医療機関で用いられていますし、安全性を重視する目的であれば、ステロイドは本当に避けたほうが良いのでしょうか。

・ステロイドの目的とデメリット

ステロイドはアトピー特有の肌に現れる激しい炎症を抑える塗布薬として用いられていますが、アトピーを完治させる治療薬というわけではありません。ステロイドの持つ強力な抗炎症作用を利用して、アトピーの症状を抑えることを目的としているので、治療薬というより鎮静剤と呼ぶほうが近いでしょう。アトピーの結果症状としてあらわれる炎症を抑えるに過ぎないステロイドですから、アトピーの根本原因の改善はできません。
体内に取り込まれるアレルゲンを抑制し、アレルゲンに対する過剰反応をする免疫システムの異常を改善できなければ、ステロイドを使い続けていても炎症は起こり続けます。そうして、炎症が続くということでステロイドも手放せなくなります。
ステロイドの使用頻度、使用期間が長くなれば、それだけ副作用のリスクが高まります。ステロイドの主な副作用としては、肌の免疫力の低下や皮膚委縮、毛細血管拡張や多毛、色素異常などで、また副作用の結果としてアトピー症状を逆に悪化させてしまうこともあります。誰がどれだけステロイドを使用したら副作用があらわれるかということは一概にはいえず、医師から処方されたステロイド剤は用法用量を守って使用していれば、基本的には副作用を避けられます。
ただし、体質に合わなかったり、赤ちゃんやお子さんに使用する場合は、大人よりも十分な注意が求められます。

・ステロイドの良し悪しは決められない

ステロイドでアトピーを完治させることが目的であれば、上記の説明の通り、ステロイドは炎症に対する鎮静剤ですから完治は期待できません。それでも、アトピーの悩ましい炎症を抑制するには有効な塗布薬であることには違いありません。
副作用の心配は気を付けさえすれば、治療をサポートする薬として十分役立っており、ステロイドに助けられているアトピー患者はたくさんいます。
一方的に良くない治療薬として決めつけることはできません。
ステロイドに限ったことではありませんが、薬は用法用量を守ることが大切です。
アトピーでステロイドを使う方の中には、ステロイドの即効性と抗炎症性に依存し過ぎてしまう方もいます。すると、ちょっとした炎症程度でもステロイドに頼り、結果的に使い過ぎてしまい、副作用を招いてしまいます。
これでトラブルが生じてしまったからといって、ステロイドを悪者にはできないでしょう。

・ステロイド無しでも治療できるのか

ステロイドが本当に危険な存在であれば、医療機関で一般的に用いられたリはしません。
ルールを守って使用さえすれば安心して大丈夫ですが、体質や万が一の副作用を考えてステロイドを使わないアトピー治療を行うことも、決して悪いことではありません。
抗炎症剤であるステロイドに頼らなくても、炎症を抑えてアトピーの根本原因を取り除いて治療することができます。
アトピーは、免疫機能に異常をきたすアレルゲンの侵入を防ぎ、免疫システムを正常化することで改善できます。
これらに確実な治療法はまだ見つかってはいませんが、肌や体内の環境を整え、心身のストレスを取り除くことが効果的とされています。
最近では活性酸素を抑制する水素水もアトピーに良いと注目されており、日々あらゆる治療法が考えられています。
ステロイドに頼りがちな炎症も、肌の潤いや清潔性を保つだけでも抑制することができます。
ステロイドはアトピーの炎症抑制に有効ではありますが、絶対に頼らなければいけない治療薬だから使わなくてはと、決め込んでしまうこともありません。