Category Archives: 未分類

大人のアトピーと子どものアトピーは違う?

投稿者:webmaster
投稿日:

アトピー
子どもの頃はこんなことなかったのに・・・
大人になってからアトピー性皮膚炎になった・・・という話をよく耳にします。
  
逆に子どもの頃にアトピーだったとしても、
大人になってから改善されたという人はたくさんいると思います。
  
子供は皮膚のバリア機能がうまく働かず、肌を守る力が弱いのですが、
大人になるにつれ、機能は発達していくため自然と治癒していきます。
  
しかし、最近は大人になってもアトピーが改善されず悩む女性や、
成人を超えてから突然発症してしまう、再発してしまうという例が
あとをたちません。
  
大人のアトピーと子供のアトピー、実は同じアトピー性皮膚炎でも原因が全く違って、
大きな要因は環境や食生活といった、乱れた生活リズムと、
それによってかかる大きなストレスだと言われています。
  
乾燥して敏感になった肌に強い刺激が与えられることで、
肌のバリア機能が低下し、アトピーを発症してしまうのですが、
子供の頃のようにもともと弱いバリア機能が成長と共に
強くなることを望めないのが大人のアトピー性皮膚炎です。
  
また、子供の頃はアトピーになると、親が周囲の環境を整えてくれたり、
食べるものを配慮してくれるため、自分では気付かない間に
自然治癒することが多いですが、大人になると自分の生活環境や
食生活は全て自分で賄わければなりません。
  
そのうえ、大人になると様々な障害が日常生活に潜んでおり、
それが今大人のアトピー性皮膚炎の患者が増えている原因となっているそう。
  
  
[ アトピー性皮膚炎になる原因 ]
・ほこりやハウスダスト、ダニ、花粉などのアレルギー
・風邪をひいて免疫が弱ってしまっている
・仕事などで寝不足が続いている
・日常生活にストレスを感じている
・不規則な生活や食生活をしている
・月経前である
  
  
[ アトピー性皮膚炎を繰り返す原因 ]
・日常生活にストレスを感じている
・砂糖やチョコレートなど甘いお菓子が好き
・お酒が好きでよくアルコールを摂取する
・喫煙者である
・ハウスダストやダニの問題が解決されていない
・たんぱく質を摂りすぎている
・IgEエネルギー体質である
  
※IgE・・免疫グロブリンEのことで、哺乳類にしかないたんぱく質。
通常極小量なのに対して、アレルギー体質の人は量が多めで
特異的IgE抗体とアレルゲンが結合すると異物を排除しようとする働きが起きて、アレルギー反応が起きます。
  
この繰り返してしまう原因でもある要素をしっかり取り除かなければ、
何度でもアトピーが再発してしまうのだとか。。
  
  
▼大人のアトピー性皮膚炎を引き起こす身体的な原因
  
身体的なものとして最も最大な原因は、
まず身体の中の毒素や老廃物を吐き出す力が低下してしまっていることです。
  
アトピー性皮膚炎は、余分な老廃物が
  
・尿
・便
・汗
・呼吸
  
などの排泄器官から上手に吐き出せなくなり、
身体に溜まってしまい、皮膚が弱く薄い場所に溜まってしまう。
  
そうすると、皮膚はむくんでしまい、
掻くことによって浸出液が出やすくなります。
  
  
アトピーの時に出る汁(浸出液)は毛細血管を通り皮膚の中ににじみ出た血漿成分で、
・老廃物
・水分
・タンパク質
・糖質
・脂質
  
などが含まれており、この血漿成分の成分によって痒みが引き起こされます。
  
  
▼腎臓の働きが悪くなるとアトピー性皮膚炎の原因になりやすい。
  
腎臓はたんぱく質から吐き出される尿素を尿として体の外に排出する働きがありますが、
たんぱく質を多く摂取してしまうと、腎臓の負担となり働きが鈍くなります。
  
そうすると尿素が体内に溜まってしまい、汗として排出された時、
強い痒みとして症状に現れます。尿素は皮膚のターンオーバーを促す働きがあるため、
薄く弱い皮膚を更に不安定な状態に追い込んでしまいます。
  
またアトピー性皮膚炎になると、角質層のターンオーバーが平均15日と短くなり、
角質層を形成する栄養素が十分に分泌できず角質層が剥がれやすくなるうえ、
皮膚も薄くなりアレルゲンなどを侵入させてしまいやすいです。
  
また、腎臓は
・冷え
・疲労
  
にも影響されやすいので、身体が冷えたり疲れたりしていると、
同じく負担がかかり、尿素を身体に溜め込みやすくなります。
  
  
アトピーの原因となるものを改めて考え、自身の生活を見直すことが大切です。

ベビーオイルで保湿は私のもの

投稿者:webmaster
投稿日:

アトピーって冬の乾燥の時期は痒くなるし、だからといって掻きむしると

粉ふいて、なんだか悲しくなってきますよね。。

 

痒いと掻いてしまう、、その気持ちは抑えきれませんよね。

 

痒みを抑えるというより、そもそもの乾燥をやめませんか?

 

たしかに乾燥させないための保湿クリームなんかは世の中たくさんありますが、

今回はアトピー肌や乾燥肌、敏感肌まで幅広く使えるし、

更にはおしゃれを楽しむ人にもおすすめできるお手軽アイテムがあるのでご紹介します。

  

用意するものはひとつだけ。

いまやどのご家庭にもひとつは常備されているかもしれませんが、、

その名も“ベビーオイル”
 

この子、すごく万能なんです。

いろんな使い方ができるので、つらつらとつぶやいてみましょう。

 

①全身の保湿にベビーオイル

そう、ベビーオイルって全身に使えるのです。

オリーブオイルを使っている人ってすごく多いと思うんですけど、

そのオリーブオイルよりも、肌の水分を逃がさないらしい。

取り込んだ水分を肌にふたをしてくれる働きがあるみたいです。

 

②洗顔にベビーオイルをプラス

 

「ベビーオイルで顔を洗うの?」と思うかもしれませんが、不正解。

普段の洗顔に1滴たらす。以上。

これで、洗い上がった肌がしっとりもちもちになるのです。

 

 

③お風呂にベビーオイル

 

湯船にいつもどおりお湯をはって、入浴剤の上から2~3滴ちょちょっと。

ベビーオイルが膜のような働きをして、肌の水分が蒸発しちゃうのを抑えてくれるんです!

だから、ほかほかしっとり。
 

④クレンジングにベビーオイル

 

毎日のクレンジングって本当に大変だしなかなか肌への刺激が・・・

なんてそれならベビーオイルが良いんじゃないでしょうか。

なんといってもベビーオイルは低刺激!
 

まず蒸しタオルで顔の毛穴を開いて、ベビーオイルでくるくるマッサージ。

メイクになじんできたら、優しくティッシュオフをしてぬるめのお湯で洗い流します。

綺麗になったら、冷水で肌を引き締めます。

これで毎日メイクで疲れた肌も元気になります。

 
⑤ヘアケアにベビーオイル

 

ドライヤーをする前にベビーオイルをつけることで、

熱によるダメージを抑えてさらっと仕上がるんです。

 

ここまでいうとだんだん気づきますよね。

お風呂場にひとつあるととっても重宝されるし、1回に使う量は数滴。

長く付き合っていくアイテムにはもってこい。

 

つらいアトピー肌、、美容も楽しみながら直したい人におすすめです!

食事が大事!アトピーに効果的な食事。

投稿者:webmaster
投稿日:

食べるものによってはアレルギーを生じて体に危険を及ぼしかねないことは、多くの方がすでにご存じのことと思います。誤った食事によりアレルギー反応を起こすこともあれば、また逆に食事によってアレルギー反応を緩和することもできるんです。
よって、アトピーを治療するには十分に食べるものに気を付けて、効果的な食事に取り組むことがとても大事なこととなります。

・アレルギーのリスクが高い食品は口にしない

アレルギーを引き起こすとはっきりしている食品は、絶対に口にしないのが基本です。
自分はどんな食品に対してアレルギー反応を引き起こしてしまうのかを調べて、避けるようにしてください。
危険な食品はそれぞれの体質によって異なりますが、牛乳や小麦、卵、肉類に豆類、果実類など、一般的な食事をするだけでもアレルギーとなってしまう食品がたくさんあります。普段口にしやすく、気が付かないうちに摂取してしまうこともあるので、メジャーな食品にアレルギーをお持ちの方は特に気を付けてください。
また、これまで大丈夫な食品であっても突然反応が出てしまうこともあります。かゆみや炎症などアトピー症状が現れた場合は、食べたものを疑いましょう。
たくさんの食品が含まれるインスタント食品は、アレルギーリスクの高い食べ物とされています。
またインスタント食品には添加物や保存料、着色料といった人工的な成分がたくさん含まれており、これらを摂取した場合、消化吸収には特別なエネルギーを必要としてしまうとされています。
消化吸収に負担が大きくなると、体調を崩しやすくなってしまいます。
すると免疫機能も低下して、アレルギー反応も悪化してしまう恐れがあります。
すべてのインスタント食品が危険ということはありませんが、身体に優しい食事を心がけましょう。

・アトピー治療には和食が効果的

世の中には美味しいものがたくさんあって、世界各国の料理を手軽に食べられる世の中になりました。
そうしてたくさんの食品を口にしやすくなったため、アレルギーを引き起こす食品を食べてしまいやすくもなってしまったとも、言えるかもしれません。アレルギーを引き起こしてしまうと分かっていても、美味しいものを食べたいと思ってしまう気持ちが抑えられないこともあります。
ですが、アトピーをはじめとするアレルギー反応は命の危険につながることもあるので、十分に気を付けてください。
ではどんな食事を心がければアトピー治療に効果的なのかというと、私たち日本人に最もなじみ深い和食が一番だといわれています。
和食は身体に優しい食品をたくさん使い、栄養バランスに優れてカロリーも控えめです。
また調理法も洋食や中華と比べると油を使う量も低く、身体に負担の少ない優しい食事です。
豊富な栄養は健康維持に欠かせず、アトピーを治して正常な体内システムに戻ろうとする力になります。
身体に負担が少ないということは消化吸収もしやすいということで、これもアトピーを引き起こすリスクを下げてくれます。

・規則正しい食生活が最も大切

和食であればアトピーに絶対効果的とは限りません。
和食で定番の食品がアレルギーの原因であれば当然良くありませんし、早食いや大食いで乱れた食事となってしまえば身体に負担も大きく健康的ではありません。
和食以外はアトピーに良くないということもありません。
結局のところは、規則正しい食生活を送るという当たり前の行いだけでも、十分にアトピーに良い食事となります。
アレルギー食品を避けて、毎日1日3食絶対とまでは限定しませんが、毎日決まった時間、適切な量、十分な栄養を確保しましょう。夜遅い食事は胃腸に特に負担の大きいタイミングです。健康的な方でも夕食に暴食したら、朝に肌に吹き出物ができてしまうほど、肌は敏感に悪い食事に反応してしまいます。
アトピーであればなおさら危険であることは、多くを説明するまでもないでしょう。
規則正しい食生活を送り、食後の体調の変化を十分に観察して、アトピーを改善していきましょう。

ステロイドは本当に良くないの?

投稿者:webmaster
投稿日:

ステロイドはアトピー治療には欠かせない治療薬であると思う方は多いことでしょう。
確かにアトピー症状の激しい炎症を抑える治療薬としてステロイドは大変有効な治療薬ではありますが、一方でステロイドの持つデメリットを考えれば使用は極力避けるべきではないかと心配する方もいます。
それでも、現在でも代表的なアトピー治療薬として医療機関で用いられていますし、安全性を重視する目的であれば、ステロイドは本当に避けたほうが良いのでしょうか。

・ステロイドの目的とデメリット

ステロイドはアトピー特有の肌に現れる激しい炎症を抑える塗布薬として用いられていますが、アトピーを完治させる治療薬というわけではありません。ステロイドの持つ強力な抗炎症作用を利用して、アトピーの症状を抑えることを目的としているので、治療薬というより鎮静剤と呼ぶほうが近いでしょう。アトピーの結果症状としてあらわれる炎症を抑えるに過ぎないステロイドですから、アトピーの根本原因の改善はできません。
体内に取り込まれるアレルゲンを抑制し、アレルゲンに対する過剰反応をする免疫システムの異常を改善できなければ、ステロイドを使い続けていても炎症は起こり続けます。そうして、炎症が続くということでステロイドも手放せなくなります。
ステロイドの使用頻度、使用期間が長くなれば、それだけ副作用のリスクが高まります。ステロイドの主な副作用としては、肌の免疫力の低下や皮膚委縮、毛細血管拡張や多毛、色素異常などで、また副作用の結果としてアトピー症状を逆に悪化させてしまうこともあります。誰がどれだけステロイドを使用したら副作用があらわれるかということは一概にはいえず、医師から処方されたステロイド剤は用法用量を守って使用していれば、基本的には副作用を避けられます。
ただし、体質に合わなかったり、赤ちゃんやお子さんに使用する場合は、大人よりも十分な注意が求められます。

・ステロイドの良し悪しは決められない

ステロイドでアトピーを完治させることが目的であれば、上記の説明の通り、ステロイドは炎症に対する鎮静剤ですから完治は期待できません。それでも、アトピーの悩ましい炎症を抑制するには有効な塗布薬であることには違いありません。
副作用の心配は気を付けさえすれば、治療をサポートする薬として十分役立っており、ステロイドに助けられているアトピー患者はたくさんいます。
一方的に良くない治療薬として決めつけることはできません。
ステロイドに限ったことではありませんが、薬は用法用量を守ることが大切です。
アトピーでステロイドを使う方の中には、ステロイドの即効性と抗炎症性に依存し過ぎてしまう方もいます。すると、ちょっとした炎症程度でもステロイドに頼り、結果的に使い過ぎてしまい、副作用を招いてしまいます。
これでトラブルが生じてしまったからといって、ステロイドを悪者にはできないでしょう。

・ステロイド無しでも治療できるのか

ステロイドが本当に危険な存在であれば、医療機関で一般的に用いられたリはしません。
ルールを守って使用さえすれば安心して大丈夫ですが、体質や万が一の副作用を考えてステロイドを使わないアトピー治療を行うことも、決して悪いことではありません。
抗炎症剤であるステロイドに頼らなくても、炎症を抑えてアトピーの根本原因を取り除いて治療することができます。
アトピーは、免疫機能に異常をきたすアレルゲンの侵入を防ぎ、免疫システムを正常化することで改善できます。
これらに確実な治療法はまだ見つかってはいませんが、肌や体内の環境を整え、心身のストレスを取り除くことが効果的とされています。
最近では活性酸素を抑制する水素水もアトピーに良いと注目されており、日々あらゆる治療法が考えられています。
ステロイドに頼りがちな炎症も、肌の潤いや清潔性を保つだけでも抑制することができます。
ステロイドはアトピーの炎症抑制に有効ではありますが、絶対に頼らなければいけない治療薬だから使わなくてはと、決め込んでしまうこともありません。

近年注目されている治療法

投稿者:webmaster
投稿日:

アトピーの治療法として多くの方がまずイメージするのが、ステロイドではないでしょうか。
ステロイドはあらゆる治療に用いられ、即効性が高いということでアトピー治療にも一般的に取り入れられています。
しかし、ステロイドは副作用の心配も強く、体質によっては合わないこともあり、アトピーを完治する治法ではないともいわれています。
そこで、ステロイド以外にも多くの治療法が提案され、近年注目されているいくつかの治療法を紹介してみましょう。

・ワセリンで肌環境を整える治療

肌のトラブルに昔から用いられているワセリンが、アトピー治療のサポートに安全で有効的であると注目されています。
ワセリンは安価でドラッグストア等で手軽に入手できますし、肌がデリケートな赤ちゃんからアトピーで敏感な肌にも使いやすい塗布剤です。塗ると肌が脂っぽくなるというように、デメリットがまったくないわけでもありませんが、少なくともステロイドのように重大な皮膚異常が発生してしまうような副作用はないので、安心して使えます。
安価で手軽なワセリンということで、治療薬として効果が期待できるとは思えない方もいるかもしれませんが、肌にかゆみや炎症を生じるアトピーには、肌環境を整えるサポート力を発揮するワセリンが十分に活躍してくれます。成分が油であるワセリンを塗布することで、肌の乾燥状態を防いで保護力を与え、入浴後にワセリンを塗れば水分の蒸発を防いで肌の潤いを長く保つことができます。
また、ワセリンで肌に保護膜を張ることで、外気中のアレルゲン物質が肌から侵入するのを防ぐバリア機能も発揮してくれます。
このように、手軽なワセリンでもアトピーを悪化させる厄介な乾燥肌とアレルゲンを防ぐことができるのです。

・生活習慣を改めることで目指す治療

アトピーだけでなく、何らかの病気を治療しようとした場合、病院で必ず相談して特別な薬や治療法を取り入れなくてはいけないと考えがちですが、病気になった原因かもしれない生活習慣を改めるだけでも、治療できるかもしれません。アトピーにおいても、自分の生活習慣の何かが引き金となって発症したり、悪化させたのではないかをよく考えて、それを改善することで目指す自然的な治療法も注目されています。
実際に生活習慣の乱れがアトピーを引き起こしているのではないかと考えられているケースは多々あります。
医学的に確立した原因がはっきりしていないとしても、アトピーの大きな原因の一つに心身のストレスがあげられます。これは人間関係や生活環境からくる心へのストレスもあれば、タバコやアルコール、暴飲暴食、運動不足などからくる身体へのストレスもあります。
アレルゲンが体内に取り込まれてアトピー症状が引き起こされますが、まったく大丈夫であった物質がストレスを原因にアレルゲン化することもあるという考えもあります。
それだけストレスとアトピーの関係は強いとされ、ストレスを取り除いた生活習慣を心がけるだけでもアトピー治療になるともいわれているのです。

・水素水で活性酸素を抑制する治療

薬でもないものを飲むだけで病気が完治するという魔法のような薬は存在しませんが、飲むことで治療のサポートになるのではないかと考えられるものはあります。
アトピー治療においては近年、水素水が有効ではないかと注目されています。
水素水といえば美容健康やダイエットといったアンチエイジング効果を高めるとして注目されている、水素分子ガスを含んだ水です。
身体の酸化を防ぐことで、様々な効果が期待できるとされています。水素水で得られるのではないかというアトピー治療効果も、身体の酸化を防ぐことで発揮されます。
アトピー症状は体内に侵入したアレルゲンに対する免疫機能の過剰反応が原因ですが、このとき大量の活性酸素が発生して酷いかゆみや炎症を生じてしまいます。そこで、水素水を摂取することによってアトピーで大量発生する活性酸素を抑制して、結果的にかゆみや炎症も抑えることができると考えられているのです。
副作用の心配はないので、安全に治療に取り入れることができます。
ただし、水素水のみで十分な治療法になるとはいきませんし、100%効果が得られるという実証もありません。
それでも、他の治療法と合わせて行える手軽なサポート治療として注目度が高まっています。

日々のケアが大切!アトピーに効果のあるケアは?

投稿者:webmaster
投稿日:

アトピーは、季節の変化や生活習慣の乱れによるストレスといった、日常生活で当たり前のように受けてしまう原因で悪化してしまう厄介な病気です。
幼い頃に患ってしまい長く苦しんでいる方もいれば、突然発症してどうケアすればよいのか分からずに困ってしまう方もいるでしょう。
アトピーは日々のケアがとても重要な病気です。
効果的なケアを行って、アトピーの悪化を防ぎましょう。

・バリア機能を高めるケア

アトピーは肌にかゆみや炎症を引き起こすため、肌のバリア機能を高めるケアを十分に心がけましょう。
肌の乾燥はバリア機能を著しく低下させます。
乾燥肌となりやすい冬の季節は気を付けましょう。
冬だけでなく紫外線が強い夏も要注意です。
紫外線の刺激はバリア機能を失った肌に炎症を引き起こしやすくして、アトピー症状を悪化させてしまいます。
乾燥しやすい冬場、そして強い紫外線を受けやすい夏場、ともに保湿ケアを十分に行ってください。
夏場の外出時には日焼け止めクリームを塗ったり、露出が控えめな服装をしたり、帽子で日差しをシャットアウトするのも有効な対策です。
乾燥に気を付けたい冬場と比べると、夏場は紫外線だけでなく気温の高さにも気を付けたいところです。
暑いと人間は汗をたくさんかいてしまいます。汗をかいたままの肌にしておくと不衛生で、どんどん細菌が繁殖して、アトピーで引き起こさせられるかゆみや炎症を増幅させてしまいます。紫外線を避けようと露出を避ける格好をすることも大切ですが、厚着によって汗をかきすぎたり、汗で湿った服を肌に付着し続けないように気を付けてください。
汗をかきにくい涼しい格好を意識して、また汗をかいたらなるべく早く着替えて、毎日シャワーやお風呂で肌の清潔を保ちましょう。

・ストレスを取り除くケア

アトピーの原因は様々だと考えられており、他の病気の原因としてもよくあげられるように、ストレスの関係性も非常に強いとされています。
ストレスケアへのアプローチは人それぞれ異なるかもしれませんが、どんな場合であっても健全な方法によってストレスを取り除くようにしましょう。
悪い例をあげると、暴飲暴食です。嫌なことがあって、たくさん食べたりアルコールを摂取したり、タバコを大量に吸うと、心的にはスッキリするかもしれません。
ところが、暴飲暴食によって心的ストレスが解消されたとしても、不摂生な行動では身体のストレスを取り除くことはできませんし、肌にも悪影響を及ぼします。
肌に悪いとなれば、アトピーにも当然良くありません。
しっかり睡眠をとって、運動で身体を動かすなど、健全な方法でストレスを発散してください。
またアトピーを気にし過ぎて、日常生活に不満を生じてしまうことでもストレスは発生します。
どんなに身体に良いアトピーケアを行っていたとしても、ストレスが原因で悪化してしまうこともあります。
アトピーが厄介なことは逃れられない事実です。それを受け入れた上で、前向きにストレスを抱えない程度に無理なくケアをしていきましょう。

・アトピーケアに有効とされる水素水

美容健康やダイエット効果があるとして期待されている水素水は、アトピーケアにも良いと注目されています。
摂取することでアトピー症状を抑制するものとしては、抗ヒスタミン食品を食べるケア法がありますが、水素水はそれとは異なる効果によってアトピーケアにアプローチします。
水素水に含まれる水素は、体内の活性酸素を除去する効果があると期待されています。活性酸素は体内に取り込まれた有害物質を攻撃するために活躍してくれるため、頼もしい存在です。
ところが異常であるアトピー状態では必要以上の活性酸素を発生させてしまい、有害ではない物質にまで攻撃をしてかゆみや炎症のような過剰反応を引き起こしてしまいます。そこで水素水を摂取すると、過剰な活性酸素の量を抑制して、結果的にはアトピー症状をも抑制できるというわけです。
水素水のアトピーに対する効果が期待できそうです。

アトピーの起こるメカニズム

投稿者:webmaster
投稿日:

肌に不快なかゆみを生じるだけでなく酷い炎症も引き起こし、日常生活が困難になることもあるアトピーは、軽視できない病気です。
幼い頃から症状を繰り返すこともあれば、成長してから突然アトピーになってしまう人もおり、まったく無縁のままという人もいます。
アトピーが起きる起きないを左右する理由は何なのでしょう。
引き起こされてしまうメカニズムはいったい、どのようなものなのでしょうか。

・アトピーは免疫システムの過剰反応

アトピーはアレルギーを引き起こすアレルゲン物質が体内に入り込むことで引き起こされる症状です。
身体が受け付けない何らかの物質が体内に侵入すると、免疫システムがアレルゲンを退治しようと攻撃を開始します。花粉の時期に外出したり、部屋の掃除で埃にまみれてしまったりして、鼻水やくしゃみが止まらなくなってしまうのも、免疫システムが体を守ろうとした結果です。
アトピーもそれらと同じように、アレルゲンを受け付けない身体側が拒否反応を引き起こしているわけで、アレルゲン物質そのものが身体を攻撃してかゆみや炎症が起きているわけではありません。
免疫システムによる反応は体を守るために不可欠な存在です。
では、アトピーで苦しむことは仕方がないことなのかといえば、そういうことでもありません。
アトピーは身体を守るはずの免疫システムに問題が生じて、過剰反応を起こしてしいる状態にあるのです。すると、免疫システムは無害であるはずの物質に対しても攻撃的となり、微量のアレルゲンに対しても大げさに反応してしまいます。
たとえば、卵や小麦です。これらは一般的に口にされるものですが、アレルギーとして免疫システムが反応してしまうので受け付けられない人もいます。
アレルゲン物質が身体に侵入すると結果的に様々な症状が引き起こされ、肌のかゆみや炎症もその一つです。

・アトピーで肌がかゆくなる理由

アトピーになるとどうして肌がかゆくなったり、炎症を引き起こすのでしょうか。
実はこのメカニズムについて、医学的にはっきりと解明はされていません。
ですが、皮膚のバリア機能の低下、免疫システムの過剰反応の2つの原因の結果として引き起こされると考えられており、治療もこの2つの原因を防ぐことで行われています。
健康な皮膚は体外から付着する異物に対する保護力を持っています。
ところが保湿成分が不足して角質が乾燥した不健康な皮膚となると、異物が侵入しやすくなってしまいます。
異物が侵入すると免疫システムが攻撃を開始しますが、過剰反応を起こしてしまうと、かゆみや炎症を引き起こしてしまいます。肌に何らかの影響があらわれてしまうのは、アレルゲンを身体から追い出そうとする抵抗によるものですが、過剰反応なのでかゆみも炎症も酷くなってしまうというわけです。
また、肌のかゆみはホルモン物質の一種であるヒスタミンを摂取すると引き起こされやすくなるとされています。ヒスタミンは人間の体内で作られることもあれば、日常の食事からも摂取してしまいやすい物質です。
このヒスタミンを大量に摂取して、ヒスタミン受容体タンパク質と結びつくことでも、肌にかゆみなどの異常があらわれます。

・どんな人がアトピーになりやすいのか

アトピーが起きやすい人は、もともと体質的にたくさんのアレルギーを持ってしまっている人や、家族の中にアレルギー体質の方がいて遺伝している人があげられます。
幼い頃からずっとアトピーという人もいれば、突然発症することもあります。
100%アトピーを防ぐ方法は現段階ではありません。
いかにアトピーにならないようにするか、アトピーが起きたらどう症状を抑えていくかが大切です。
アトピーは普通の日常生活の中でも簡単に悪化してしまいます。
外気の状態はアトピーのかゆみと大きく関係しており、空気の乾燥や気温の上昇に敏感に反応してしまいます。
空気の乾燥が酷い季節は皮膚のバリア機能を低下させ、気温が高く汗をたくさんかくと肌が不衛生となりかゆみを増大させてしまいます。ストレスとの関係性も強いとされ、過労や寝不足、食生活の乱れ、運動不足など、悪習慣もかゆみを起こしやすくします。アレルゲンを口にしたり肌に触れさせたりするのはもちろん、かゆみを引き起こすホルモン物質のヒスタミンを多く含む食品を摂取し過ぎることも悪化原因となります。